彼女づくりの秘伝ノウハウとは?

もう1度見直そう!自分の態度と女性への接し方

 

彼女づくりのノウハウと技

 

「彼女が欲しいのにいつもうまくいかない、いつまで経っても彼女ができない、それはなぜなのだろう」と悩んでいる男性はたくさんいらっしゃると思います。

 

 

それはほんの少し女心を理解するだけで大きく変わってくることかもしれません。

 

女性に好かれるポイントを掴んで、実践してみましょう。

 

 

まずは身だしなみから確認しよう

 

人間にとって第一印象はとても大切なものです。

 

誰でも最初は見た目で判断する部分があると思います。

 

営業職などでは第一印象がいいと7割仕事が取れると言われているくらい第一印象は大切なのです。

 

例えば、

 

  • しわがあってシミがついているような服を着ていたり、
  • 何度も洗濯して色が薄くなっている服やボロボロの靴を履いていたり、
  • 髭が生えっぱなし(整えていない)になっていたりして、

 

こんなことでは清潔感を感じる、好感を持つ女性がいるでしょうか。

 

 

もっと言えば、友人だとしてもあまりだらしない恰好をしていたら嫌になることはないでしょうか。

 

 

オシャレかどうかよりも、まずは人として清潔感があるかどうかは非常に重要です。

 

 

でかけるとき身に着けるものにひどいものはないか確認しましょう。

 

 

何といっても清潔感が第一に大切な要素です。

 

 

清潔感が重要だというのは、彼女を作るためには基本中の基本です。

 

 

もし、今まで知らなかったという場合は、彼女の作り方の方法のブログなどを見て勉強してみるといいでしょう。

 

 

自分の話ばかりはNG!聞き上手になろう

 

では清潔感があるのに彼女ができない人は何が原因なのでしょうか。

 

 

見た目は整えているのであれば、それ以外の部分に原因があります。

 

 

女性は男性に話を聞いてくれるかどうか、共感してくれるかどうかを求める傾向があります。

 

 

そのため、話をよく聞いてくれる男性には惹かれる場合が多いです。

 

 

よくいるのが、自分の自慢をしてくる男性です。

 

 

きっと自分のこれまでのがんばりや、年収、勤めている会社など様々な経験をして、それなりの給料も地位もあることを知ってもらいたいだけなのだと思いますが、女性にとってはそれがあまりしつこいとうんざりしてしまう話になってしまいます。

 

 

女性に聞かれたらさりげなく答えるくらいが、一番かっこよくモテるやり方です。

 

 

自分をアピールすることも大切ですが、女性はそれ以上に話を聞いてほしい生き物です。

 

 

相槌をうちながらある程度の話を聞いてくれて、こんなときどうする?とかどう思う?と聞いたときに、男性がきちっとその場面での自分の意見なんて言ってくれたら、女性にとってもポイントが非常に高いです。

 

 

きちんと話をきいてくれて、なおかつ自分の考えをしっかり持っている頼りになる人だと認識されます。

 

 

とにかく聞き上手になることは女性のハートを射止める近道です。

 

 

自己アピールはほどほどにして、話を聞いてあげるようにするとよいでしょう。

 

 

男らしいおおらかさ、器の広さを身に着けよう

 

ケチな男性は女性から嫌われます。

 

 

食事に行っても毎回1円単位まで割り勘にするとか、プレゼントの額を予算立てするとか、とにかく細かくケチな男性は一緒にいて疲れるし、女性としてはあまりお付き合いしたくないと感じてしまうでしょう。

 

 

食事をおごらなきゃいけないとかプレゼントはなんでも買ってあげなきゃいけないと言っているわけではありません。

 

 

食事も割り勘でいいと思いますが、端数は出すよって言われたらそれだけでも女性は嬉しいと思います。

 

 

プレゼントもいくらまでだからねとあらかじめ言われていたら頼みづらいですし、それなら別に買ってもらわなくてもいいということになってしまいそうですよね。

 

 

そういうことは夫婦レベルのことですので、多少融通を利かせて、器の大きいところを見せてほしいのが女性の本音です。

 

 

先ほどの自己アピールを自慢のようにガンガン言われるよりは、こういった場面でさりげなく少し多く払ってくれたりするほうが、女性は喜ぶと思います。

 

 

さりげないやさしさ、気遣いが女性には好印象となることを忘れないでください。